福岡・博多、天神の新天町商店街(しんてんちょう)

福岡 新天町

新天町博多祇園山笠2012

子供山笠(7月7・8日)

戦後の子供山笠は昭和45年、大黒流寿通りの河原由明さんが自費で作ったのが始まり

戦後の博多の子供山笠は昭和45年寿通りの河原由明さんが自費で作ったのがはじまり。

本当の山笠には中学にならないと山につけないので子供にできるだけ早い時期から山笠になじんでもらって博多祇園山笠の後継者を育てたいとの思いからだったそうです。

新天町が「子供山笠」を思い立ったのは昭和55年

「新天町子供山笠」は山笠を知らない転勤族や福岡部の子どもたちに、少しでも博多山笠の楽しさを知ってもらいたいとの思いからはじめられた。

思い立ったのは昭和55年、発起人は泰松銀次郎さん、足立憲弘さん。

山笠ば知らんで山笠のお世話はできまっせんめーもん

新天町で子ども山笠をしたいという気持ちを寿通りの河原さんに伝えに行った。

河原さんが「こども山笠ばさっしゃーとはよござっしょーばってん、山笠に出とらん人がお世話はできまっせんめーもん」と。

子供山笠をお世話する人間はどうするのかという問題である。

新天町はもともと博多出身が多いのだが、山笠に出ている二代目は5人ほどだ。 とてもそんな人数で子供山笠をお世話はできない。

そこでその年から新天町の若手約25名が大黒流れ寿通りの山笠にかたらせてもらい、山笠のことを学んで現在に至る。

やっと開催にこぎつける!

そしてやっと昭和63年にはじめて新天町子供山笠を開催することになった。

山笠は寿通りの子供山笠をお貸しいただき、寿通りからも多くのお加勢をいただいた。

今では毎年夏の初めに、ちびっこの「おっしょい!おっしょい!」と威勢のいい声が聞こえてきます。

大人顔負けの元気の良さと本番を彷彿とさせる見事な走りっぷりは、新天町の新たな風物詩となっています。

子供山笠

※画像をクリックすると拡大します。

子供山笠

子供山笠

子供山笠

▲山笠特集ページへ戻る

日程

  • 地鎮祭
  • 棒洗い棒締め
  • 人形飾り
  • 御神入れ・飾り山公開
  • 子供山笠
  • 小浜・雲仙
  • 博多祇園山笠公式ページ
HOME  商店街マップ トピックス ギャラリー情報 新天町ブログ 新天町とは? アクセスマップ     お問合せ


新天町商店街商業協同組合 事務局 TEL:092-741-8331 FAX:092-741-6131
〒810-0001福岡市中央区天神2-9新天町ビル510
Copyright (C) SHINTENCHO All Rights Reserved.